GOOD HOW
TO USE
UNOCCUPIED
HOUSE

空き家の上手な使い方


平成26年11月に成立した「空家等対策の推進に関する特別措置法」(通称:空家対策特別措置法)では、所有者の義務である空き家の適正管理をしない所有者に対して、市町村が助言、指導、勧告といった行政指導、そして勧告しても状況が改善されなかった場合は命令を出すことができるようになりました。
自治体から改善の勧告を受けると、土地にかかる固定資産税の優遇措置が適用されず、更地の状態と同等の6倍の税金になってしまいます。さらに命令に背くと50万円以下の罰金が科されます。また、命令を受けた空き家に改善が見られない場合、行政が所有者に代わり対処し、その費用を所有者に請求する行政代執行により、樹木の伐採や塀の撤去、建物の解体が行われる可能性もあります。

つまり、このまま空き家を放置しておくことは、強制撤去や罰金徴収のリスクになります。
措置の対象になる前に、空き家を活用しましょう。
おすすめの空き家活用方法

売却

解体する際には自治体から補助金も出ますし、更地の方が高く売却できるため一番選ばれる方が多い方法です。また、売却する前に解体し更地にしてしまえば空き家でなくなるため所有者の管理責任が大幅に軽減され、行政指導の対象からも外れます。

リフォーム

家を手放したくはないけれど、日々の管理が難しい方におすすめなのが、リフォームして賃貸住宅として活用する方法です。賃貸戸建は需要が高く、長期に渡って比較的安定した収益を確保できます。

駐車場

空き家を解体し更地にした場合、草など生えてくるため管理が必要になります。そこで管理に手間がかからない活用方法としては駐車場がおすすめです。アスファルト舗装やコンクリート舗装することによって、定期的な草木の処理も必要なくなります。

売却

解体する際には自治体から補助金も出ますし、更地の方が高く売却できるため一番選ばれる方が多い方法です。また、売却する前に解体し更地にしてしまえば空き家でなくなるため所有者の管理責任が大幅に軽減され、行政指導の対象からも外れます。

リフォーム

家を手放したくはないけれど、日々の管理が難しい方におすすめなのが、リフォームして賃貸住宅として活用する方法です。賃貸戸建は需要が高く、長期に渡って比較的安定した収益を確保できます。

駐車場

空き家を解体し更地にした場合、草など生えてくるため管理が必要になります。そこで管理に手間がかからない活用方法としては駐車場がおすすめです。アスファルト舗装やコンクリート舗装することによって、定期的な草木の処理も必要なくなります。

解体実績が豊富な当社にお任せください

当社では解体するのはもちろんのこと、さらに売却まですべてお任せいただけます。
また、解体工事後に路盤改良をしアスファルト舗装・コンクリート舗装・フェンス設置工事を行い駐車場にすることも可能です。空き家のリフォームなど当社独自の活用方法をご提案できます。
私たち開渡は、最善な空き家・土地、税金の対策方法を様々な方面からご提案をいたします。

CONTACT

お問い合わせ

お見積もり無料です。ご依頼・ご相談は、電話もしくはお問い合わせフォームでご連絡ください。

(営業時間 9:00~17:00)
お問い合わせフォーム

※お問い合わせいただく前にこちらをご覧ください。

各種ご依頼の流れ
解体工事の流れ
よくあるご質問
PAGE TOP