長野 解体工事中間処理産業廃棄物一般廃棄物の収集処理致します。長野県長野市 株式会社 開渡

  ISO14001 長野市 解体工事:開渡

長野 解体工事 開渡のメニューボタン:ホーム長野 解体工事 開渡のメニューボタン:事業内容長野 解体工事 開渡のメニューボタン:施工事例長野 解体工事 開渡のメニューボタン:解体工事の流れ長野 解体工事 開渡のメニューボタン:会社案内

MENU

解体工事の手順

キャラクター:カイちゃんとワタルくん

弊社で実際に行われている解体工事例をご紹介いたします。
大よその流れはこちらになります。参考としてください。


解体工事の手順:既存建築物

01.既存建築物

事前にお調べした施工計画に基づきまして、現場環境や状況に配慮し騒音等が最小限になる様に工夫し(防音壁、仮囲い等の設置)行わせていただきます。


解体工事の手順:矢印

解体工事の手順:内部・外部分別解体(手バラシ)

02.内部・外部分別解体(手バラシ)

重機を使用せず簡単な手道具(バール又は、かじや)を使用し解体いたします。
専門職人による技術を持って丁寧に分別解体致します。


解体工事の手順:矢印

解体工事の手順:重機解体

03.重機解体

重機を使っての建物解体工事になります。
建物や場所の状況に合せ重機を選定し、柱、梁、壁を一つづつ取外しダンプカーに積み込みます。


解体工事の手順:矢印

解体工事の手順:基礎撤去作業

04.基礎撤去作業

建物の基礎部分を掘り起こし、撤去します。
防塵のため、水をまきながら作業させていただきます。


解体工事の手順:矢印

解体工事の手順:整地作業

05.整地作業

最後に廃材やコンクリートが地中にないかを確認した後、地面を平らに整地いたします。
駐車場にする場合などには、アスファルト塗装や砕石を敷くなどの作業も行わせていただきます。


解体工事の手順:矢印

完成!解体後の廃棄物は分別後リサイクルされます。

解体後の分別&リサイクル

建物を解体した際に発生する廃棄物の大部分は、分別後リサイクルされます。
コンクリート塊、アスファルト・コンクリート塊は道路の舗装材や路盤材へ、建築発生木材は建物の材料や公園の木の根元に敷かれるマルチング材として再利用され、ほかにバイオマス発電の燃料としても利用されます。また、鉄クズは溶解され再び鉄製品へと生まれ変わります。

解体工事から収集運搬まで、すべてお任せください。完全分別によるリサイクル活動

解体工事における「ゴミゼロ」を目指します。
従来は燃やす・埋める等の処理方法でしたが、混ざりのない完全分別解体を行うことにより、それぞれの建築廃材がリサイクルとして再利用できるようになります。また、建築業者、工場等から発生される産業廃棄物の収集運搬業も行っております。

対応エリア

対応エリア

お問い合わせフォーム



開渡:ページトップへ